動きが脳を変える・1

「動きが脳を変える」(アナット・バニエル)という本を読んでいます。

太極拳を始めた当初は動作を真似するのも大変でした。

ある程度できるようになっても、教えられたように正確に体を動かすことがうまくできず、戸惑うことばかりでした。でもそうしたプロセス自体が楽しかったです。動作ができた瞬間、神経細胞がつながった感じがしました。繰り返し練習して簡単にできるようになったとき、神経細胞が太くなった感じがしました。そういう積み重ねで自分の運動神経が発達し脳が目覚めていくような感じがありました。それがこの本によって、わかりやすく説明されていました。

続きはこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です