太極拳教室ミニ発表会&講習会

先月6月6日(日)、太極拳教室のミニ発表会と赤沢依美先生による講習会を行いました。発表会は演武できる人と見る人がいないと成り立ちません。全国各地から招かれて表演をしたり、指導をしたり、審判をしたりしている赤沢先生に相応の謝礼を払ってきていただくには、受講する人がいないとできません。教室を始めて7年目の今年、初めて実現しました。生徒さんたちはこの発表会を目標に、半年以上も前から練習に励んできました。練習のよい動機になりました。講習の内容も充実していて、みなさんから「赤沢先生、来年もぜひ来てください」という声が上がりました。

赤沢先生の了解をいただいたので先生の感想を転記します。

孫弟子の皆さんのところにお招きいただき、第1回目の演武と講習会をしました。指導員の塩沢さんとは出会ってから15年位になるのですが、その時はまさかこんな展開が待っているとは思ってもいませんでした。生田から1時間半掛けて毎週習いに来て下さり、地元でも毎朝5:30から公園太極拳をされていたり、教室での活動もコツコツ積み重ねていった結果が1つの形になり、本当にすごいなと思っています。孫弟子の皆さんのミニ発表会を見せていただきながら、この日の為に皆さんで沢山準備や練習をして下さったのだろうなと感じましたし、塩沢さんにも私にとっても、大きな意味のある1日になった事をしみじみととても嬉しく思いました。そして、講習会のあとは塩沢さんが運営に関わっている「みた・まちもりカフェ」でお豆と季節の野菜カレー🍛とりんごとバナナの米粉スイーツをいただきました。身体に優しい材料で作られていて、美味しかったです✨私ももっと頑張ろう!と思えた1日でした。塩沢さん、生田の皆さま、ありがとうございました☺️

生田で練習している皆さんは、いつも私から赤沢先生の話を聞いているので、赤沢先生のことを「大先生」と呼んで、仰ぎ見ています。赤沢先生の演武の美しさに触れ、内容の濃い講習を受け、大変勉強になったと感激していました。「発表会のために頑張って練習できてよかった」「来年も頑張る」とおっしゃってくださっています。若い方に劣らず、70歳代の方々が、向上心をもって、身体能力を高めるような練習に励む姿はすてきだなって思います。