歩く姿勢

歩く姿を遠くから見るだけでどなたかわかったりします。皆それぞれ、歩き方の癖があります。

ひとそれぞれ、筋肉の強いところと弱いところがあり、関節の可動域が狭かったり、固い筋肉が使えていなかったり、そうしたことが歩き方の癖につながっているように思います。

強い筋肉を使う歩き方をしていると、弱い筋肉はますます使わなくなり、年を経るとますます癖が強くなっていくのではないかしら。私は年々O脚がひどくなっていましたが、太極拳を始めてからO脚が治り、靴底の減り方も変わりました。太極拳で脚の内側に筋肉がついたことでO脚が治ったと思います。また股関節の筋肉も強くなり、歩き方が変わりました。そのままにしていたら、歪みがますますひどくなりひざ痛や腰痛になっていたかもしれません。

普通の人にとって太極拳の套路を覚えるよりも、体の癖を修正し、けがをしにくい体になることの方が大事ですよね。

それぞれの体の癖が修正され、整うように太極拳を教えていけたらいいなと思います。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です