まちもりカフェのカレーレシピ公開(金曜カレー)

まちもりカフェの金曜カレー

最近好きな食べ物はなんですかという質問に答える機会があり、何だろうと考えました。数年前なら「味噌汁」、と答えていたような気がします。しばらく考えて、カレーライスと回答しました。そのカレーは金曜日に私自身がみた・まちもりカフェで作って提供している「豆と野菜のカレー」です。「一食でバランスよく栄養がとれ、心身を健やかに養い、なおかつおいしいメニュー」を考えてたどり着いたランチです。以前体調を整えるためにビーガン食にしていた時期がありましたので、そういう方でも食べられるものにしたいと思い、動物性食品は使っていません。(ちなみにその食事で体調が整いました。今は何でも食べます)作り始めてから3年くらいたち、作り方も変化してきました。ここでおさらいして公開します。最初は全部カフェで作っていましたが、電話があったり、来客があると間に合わなくなるので、今は玉ねぎを2,3時間かけて炒めるなどの下ごしらえは自宅でしています。ご飯は胚芽米を炊いています。福神漬けの代わりに玉ねぎのアチャールと酢レーズンを添えます。売れ残ったら買い取って自宅で食べています。自分自身が毎日食べてもおいしくいただけます。野菜の水分が季節によって変わるので毎週味が変わります。それで飽きないのかもしれません。

豆と野菜のカレーのレシピ

材料(8~12人分)

レンズマメ100g、ひよこ豆100g、たまねぎ3個、ニンニク、ショウガ

出し汁(昆布4欧風だし2)12カップ、赤唐辛子1~2本、月桂樹の葉4枚

人参1本、えのき1パック、ごぼう1本、マイタケ1パック、かぼちゃ300グラム、ジャガイモ2,3個、切り干し大根一掴み。

太白ごま油  大さじ4

Aカレー粉大さじ3、ガラムマサラ小さじ2、コリアンダー小さじ1、クミンパウダー小さじ1/2、カルダモン小さじ1/2

Bしょうゆ 大さじ6(90cc)、豆味噌大さじ3、ドライプルーン3個、メープルシロップ大さじ1

ケチャップ大さじ2、塩小さじ2、こしょう少々

米粉100CC(50グラム)

ご飯5.5合

たまねぎのアチャール(タマネギ1個薄くスライス、りんご酢大さじ2、塩小さじ1、カイエンペッパー少々)

レーズンのリンゴ酢漬け

作り方

1 ひよこ豆は前日から水に浸しておく。20分ほどゆでて柔らかくしておく。

2 レンズマメは水洗いする。ニンニク、ショウガはみじん切りにする。

3 玉ねぎは薄切りにする。

4 厚手のなべに、ごま油大さじ4を熱して、ニンニクとショウガを炒め、香りが出てきたら玉ねぎ3個を加えて弱火でじっくりきつね色で甘くなるまで炒める。

5 野菜の下ごしらえをして、無水鍋で、下から塩少々、えのき、マイタケ、ジャガイモ、カボチャ、ニンジン、ゴボウ、塩少々の順に重ねて蒸し煮する。火が通ったら、水11カップを注ぎ、レンズ豆、ひよこ豆、切り干し大根(赤唐辛子2本、月桂樹の葉4枚)を加えて、沸騰したら弱火にして30分ほど煮る。

6 玉ねぎがきつね色に色づいてきたら、リング状に寄せて真ん中を開ける。中央にA(カレー粉など)を入れ、少し炒めて香をだして全体に混ぜる。リング状に真中を開けBを加える。だし1カップと米粉を加えて炒める。

7 5と6を合わせ30分煮る。仕上げに塩コショウで味を調える。

8 ごはん150グラム、カレー250グラム(~300グラム)かける。

9 玉ねぎのアチャール、干しブドウのリンゴ酢漬けを各大さじ1を添える。

カレーの材料(以前の夏野菜のカレー材料の写真です、後日修正します)

玉ねぎががきつね色になったら、カレー粉・スパイス数種を加えます。

しょうゆやみそ、チャツネ代わりのプルーンなどを加えます。

ルーが出来上がりました。

野菜スープだけでもおいしい!

ルーを加えて煮込みます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です