三田の植物観察とコウモリの観察会

今日は寺子屋体験活動、昨年台風で中止になったコウモリの観察と三田の自然の植物の観察でした。明大の倉本先生と川村学園女子大学の加藤先生を講師に、まずはまちもりカフェでスタッフ研修会。32人の児童を4グループに分け3人ずつのスタッフが入ります。スタッフも研修を受けてにわか講師に。

今回各グループに複数のスタッフが入ったことで、寺子屋先生、地域のボランティアスタッフにも良い研修、経験になりました。
地域の方に寺子屋の活動を知っていただくとともに、
自然を観察する機会を持ってもらうことができ、こうしたことが
地域の力を高めていくことになると感じました。

今日はコウモリ日和でした。昨日は3匹くらいにしか出会わずちょっと心配でしたが、今日はたくさんコウモリがいて、コウモリの超音波にバッドディテクターが数えきれないくらい反応しました。自分たちが住む地域の動物・植物を観察し、外来植物が多いことも知り、興味がわき、わくわくドキドキ興奮の2時間でした。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です